TitanFX(タイタンFX)のスプレッドをもっと狭くする裏技!

スポンサーリンク
FXのやり方

ご訪問ありがとうございます。

こちらの記事では、こんな疑問にお答えします。

  • TitanFX(タイタンFX)のスプレッドはどのくらい?
  • 口座の種類で違うの?
  • スプレッドを狭くできる裏技はある?

先に結論から申し上げます。

  • スプレッドは口座の種類によって違いがあります。
    詳しくは平均スプレッドの一覧をご覧ください。
  • キャッシュバック口座を使えば実質スプレッドを狭くすることができます。

 

こちらの記事を書いているのは・・・
  • ロバート@やすきちと申します。
  • FXの勉強と実践を10年ほど経験しています。
  • 初心者向けの投資セミナーの開催経験があります。
  • どうぞよろしくお願いいたします。

 
以下、順番にご説明いたします。

TitanFX(タイタンFX)とは?



TitanFX(タイタンFX)は、南太平洋に位置するバヌアツ共和国に本拠地を構えた海外FX事業者です。

バヌアツでの金融ライセンスを取得済みであり、ハイレバレッジ取引が可能、スプレッドの狭さが魅力となっています。

日本語にも完全に対応していることから日本人からも非常に人気の高いFX事業者の1つです。

TitanFX(タイタンFX)で口座開設をするメリット

TitanFX(タイタンFX)で口座開設をするメリットは次のようになります。

メリット
  • スプレッドが狭い
  • ハイレバレッジ取引が可能(最大500倍)
  • 約定力が高い
  • リクオート(レートの再提示)なし
  • MT4・MT5が使用可能
  • Zulutradeを利用したコピートレード・自動売買が可能
  • ゼロカットシステム採用
  • 取引手数料無料(スタンダード口座のみ)

詳しくは別途記事にまとめておりますので、合わせてご覧ください。

TitanFX(タイタンFX)の評判:メリットとデメリットまとめ
TitanFX(タイタンFX)の評判とは? メリットとデメリットについてまとめてみました。

TitanFX(タイタンFX)の口座の種類

TitanFX(タイタンFX)ではデモ口座を除いて「スタンダード口座」と「ブレード口座」の2種類の口座が用意されています。

スタンダード口座とブレード口座の共通点と違いは以下の通りです。

共通点

  • レバレッジ最大500倍
  • 0.01ロット(1000通貨)から取引可能
  • 最低入金金額200ドル
  • NDD方式

 

違い

スタンダード口座
  • ブレード口座よりもスプレッドが広い
  • 取引手数料無料
  • STP口座

 

ブレード口座
  • スタンダード口座よりもスプレッドが狭い
  • 取引手数料が必要(1ロットあたり片道3.5ドル、往復7ドル)
  • ECN口座

TitanFX(タイタンFX)の平均スプレッド

TitanFXのスプレッドはスタンダード口座とブレード口座で差があります。

下記の一覧表を参考にしてください。

なお、スプレッドはTitanFXのホームページでは公開されておりません。

実際のスプレッドは口座を開設した後に見ることができるようになります。
 

平均スプレッド一覧表
通貨ペア スタンダード口座 ブレード口座
USDJPY 1.33 0.33
EURJPY 1.74 0.74
GBPJPY 2.45 1.45
AUDJPY 2.12 1.12
EURUSD 1.20 0.20
GBPUSD 1.57 0.57
AUDUSD 1.52 0.52

スタンダード口座とブレード口座ではスプレッドに1pipsの差があります。

少額取引ならばさほど気にならないかもしれませんが、レバレッジまたは取引額が大きくなればなるほどこの差は非常に大きくなります。

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドを狭くできる裏技


海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

海外FX口座の中でも比較的スプレッドが狭いことで有名なTitanFX(タイタンFX)ですが、このスプレッドをさらに狭くできる裏技があります。

それはTaritali(タリタリ)などのキャッシュバック口座を利用することです!

Taritali(タリタリ)とは?

Taritali(タリタリ)とは、FXの取引手数料のキャッシュバックを実施している仲介サイトのことです。

主に海外FX業者と提携し、利用者がTaritali(タリタリ)を経由してキャッシュバック口座を開設することで、その口座での取引から発生する手数料の一部が利用者に還元される仕組みになっています。

Taritali(タリタリ)を利用することで取引するたびに所定の金額がキャッシュバックされるため、通常の取引ではスプレッドや手数料でマイナスになっていた損失分を取り戻すことができるようになります。

また、Taritali(タリタリ)で開設したキャッシュバック口座でもEAを使った自動売買をおこなうことは可能です。

Taritali(タリタリ)では口座開設者限定の独自のEAを配布していますので、自動売買に興味のある方は合わせて使ってみることをお勧めします。

海外FXのキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

TitanFX(タイタンFX)でのTaritali(タリタリ)のキャッシュバック率

taritali(タリタリ)では新規・既存口座に関わらずTaitanFX(タイタンFX)の口座をキャッシュバック口座として紐付けることが可能です。

キャッシュバック率はスタンダード口座とブレード口座で異なります。

詳しくは以下の表をご覧ください。
(キャッシュバック率は1ロット(10万通貨)あたりで示しています)

TitanFXのTaritaliキャッシュバック率
引用元:https://taritali.com/titanfx

Taritali(タリタリ)でどれくらいお得になる?

Taritali(タリタリ)のキャッシュバック口座を使って取引するとどれくらいお得になるのか、試算してみましょう。

1ロット(10万通貨)で5pips程度の利益を狙うスキャルピングをすると仮定します。

まずキャッシュバック口座を利用しない場合について見ていきます。

ドル円を105.300円で「買い」注文を入れると、スタンダード口座では105.313、ブレード口座では105.303の買いポジションを得ることになります。

相場が思惑通りに動き、105.365円で決済したとします。

スタンダード口座では0.052円分の、ブレード口座では0.062円分の決済利益が残ります。

1ロットでの取引ですので、スタンダード口座では5200円、ブレード口座では6200円の利益となります。

ブレード口座では1ロットあたり往復7ドルの手数料が発生しますので、実際の利益は約5465円です。
 

ではキャッシュバック口座を利用するとどうなるでしょう。

2020年10月31日まではキャッシュバック率が優遇されますので、スタンダード口座では5.31USD、ブレード口座では1.6USD分がキャッシュバックされます。

したがってスタンダード口座では約560円、ブレード口座では約170円が付与され、最終の利益はそれぞれ5760円、5635円となります。

スキャルピングで薄い利益を積み上げるならば、取引手数料のかからないスタンダード口座を使う方が有利ですね。

まとめ

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドをさらに狭くする裏技とは、Taritali(タリタリ)などのキャッシュバック口座を利用することでした。

スタンダード口座とブレード口座でキャッシュバック率や手数料に違いがありますので、目的に合わせて開設しておくといいでしょう。

ご参考になれば幸いです。


海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました