FXGTのメリットとデメリットをTwitterの評判を交えて解説!

スポンサーリンク
Taritali(タリタリ)

ご訪問ありがとうございます。こちらの記事では、こんな疑問にお答えします。

  • FXGTを使うメリットやデメリットは?
  • FXGTの評判が知りたい
  • 出金拒否の噂があるけれど、使っても大丈夫?

 
先に結論からお伝えします。

  • FXGTは口座開設キャンペーンやボーナスキャンペーンが充実している
  • 一部銘柄にスワップフリー導入で取引チャンスがさらに拡大
  • 規約に厳しく、出金拒否の事例が他のFX会社に比べて多い
  • MT4が使えない、キャッシュバック口座のキャッシュバック条件があるなど、利用しにくい面もある
  • 入金額は控えめにし、ボーナスの範囲または少額で利用するに留めておく方がいい
  • 仮想通貨などのスワップフリー取引ならExnessもお勧め

 

以下、順番にご説明します。

FXGTとは?



FXGTは2019年にFX取引のサービスを開始した、比較的新しい海外FX会社です。

セーシェルに本拠地を置き、セーシェル金融庁のライセンスを取得しています。

FXGTの主な特徴は次の通りです。

取扱商品 FX、暗号資産、シンセティック暗号資産、メタル、エネルギー、株価指数、GTi12指数、株式、DeFiトークン、NFT
口座の種類 セント口座、ミニ口座、FX専用口座、スタンダード+口座、プロ口座、ECN口座
レバレッジ 1000倍(300,000USD以上は取引残高に応じ低減)
取引プラットフォーム MT5(MT4は利用不可)
取引方式 NDD
スワップフリー 暗号資産、メタル、株価指数
ボーナスプログラム 3000円の新規登録ボーナス
(2022年8月10日からのキャンペーン期間中10,000円)
初回100%入金ボーナス(最大70,000円)
20%通常入金ボーナス(上限1,200,000円)
その他 賞金総額 240,000円 の週末宝くじ

 

FXGTのメリットとデメリット

メリット

スワップフリー対応

FXGTでは2022年8月1日より一部銘柄がスワップフリーとなりました。

これにより、ポジションを翌日以降に持ち越してもマイナススワップが発生しなくなり、その分の利益が増えることになります。

スワップフリーを導入しているFX会社は少ないため、FXGTを使うにあたって非常に大きなメリットとなります。

ボーナスの種類が多い

FXGTではボーナスが多く用意されています。

  • 新規登録ボーナスとして3,000円
  • 初回入金100%ボーナス(最大70,000円)
  • 通常入金ボーナス20%(最大1,200,000円)

 

2022年8月10日からのキャンペーン期間中は、新規登録ボーナスが3,000円→10,000円にアップしています。

ボーナスが多ければより有利に取引を進めることができますので、この機会を利用しない手はないでしょう。

キャンペーンの最新情報はFXGTのTwitterオフィシャルアカウントを参照してください。
https://twitter.com/FXGT_official/

なお、新規登録10,000円ボーナスの付与及び出金に関しては条件があります。

新規登録10,000円ボーナス付与条件
  • キャンペーン期間中にアカウント認証完了
  • 受取可能な口座タイプにてMT5アカウントを作成(受取可能な口座タイプは「対象口座」参照)
  • アカウント登録後30日以内でのアカウント認証が必須
  • 一人一度限り
  • 出金には2GTLot(=200,000 USD相当額)を満たす取引をすることが条件

デメリット

証拠金額が多くなるとレバレッジが低減する

FXGTは最大で1000倍のレバレッジを提供しています。

レバレッジは取引銘柄により異なり、また証拠金額に応じて倍率が低減します。

詳細はFXGTのホームページでご確認ください。
https://fxgt.com/jp/%E5%8F%96%E5%BC%95/%E5%8F%96%E5%BC%95%E5%8F%A3%E5%BA%A7%E6%83%85%E5%A0%B1/dynamic-leverage

一部の銘柄では4時間ごとに資金調達手数料が必要

FXGTでは一部の銘柄を保有すると、4時間ごとに資金調達手数料がかかります。(BUY、SELL共に)

  • 暗号資産(SOLUSD、LUNUSD)
  • DeFiトークン
  • NFT

 

実際の利率はホームページの「取引」の項目でご確認ください。
https://fxgt.com/jp/home

規約違反で出金拒否になるケースが多い

Twitterで「FXGT 出金拒否」と検索すると、FXGTでの出金拒否の事例がちらほら出てきます。

FXGTによれば、出金拒否に該当する理由として最も多いのが、

「異なるメールアドレスを使用して複数のMT5口座を登録・運用したこと」(規約違反)

によるものです。

また、「複数の端末から同じアカウントにログインすること」に対しても、複数人による同一アカウントの利用として規約違反になるケースがあります。


 

なお補足ですが、一般的に海外FX業者が出金拒否を行う際の判断材料として、

  • 常軌を逸したハイレバレッジ取引(基準値は各FX業者により異なる)
  • 1回の取引のみ行い、すぐに出金申請
  • 複数口座間での両建て取引(他業者での口座を含む)

 

などが挙げられますのでご参考にしてください。

MT4が使えない

FXGTの取引プラットフォームはMT5のみです。

MT4は使えません。

利用している自動売買EAがMT4にしか対応していない場合、FXGTでは稼動できませんのでご注意ください。

キャッシュバック口座の利用条件がある

FXGTはキャッシュバックサイトのTaritali(タリタリ)およびFXRoyalCashに対応しています。

キャッシュバック利率は次の表をご覧ください。

口座の種類 Taritali FXRoyalCashBack
セント、ミニ、スタンダード(FXおよびプラス)口座 メジャー通貨ペア:9USD
マイナー通貨ペア:9USD〜27USD
メジャー通貨ペア:9USD
マイナー通貨ペア:9USD〜27USD
PRO、ECN口座 1.35USD(メジャー通貨ペア、マイナー通貨ペア) 1.35USD(メジャー通貨ペア、マイナー通貨ペア)

 

Taritali(タリタリ)・FXRoyalCashのキャッシュバックを受けるためには、FXGTのキャッシュバック方針により5分以上ポジションを保有することが必要です。

したがって、FXGTのキャッシュバック口座ではスキャルピングはできないと考えておきましょう。

また、「クレジットボーナスを必要証拠金に利用した取引またはその利益を必要証拠金に利用した取引はキャッシュバックの対象外」となる点についても注意が必要です。

>>> Taritali(タリタリ)のページで確認する

>>> FXRoyalCashのページで確認する

90日以上取引がないと口座維持手数料が発生する

FXGTでは90日以上連続して取引がない口座は「休眠口座」とみなされ、月10ドルの口座維持手数料が発生します。

(口座残高が10ドル以下であれば全額、残高ゼロなら請求なし)

休眠口座と認定された場合、90日経過時点でクレジットボーナスは消失し、保留中の指値注文や決済注文などは全て削除されます。

1つのアカウントで複数の口座を保有していて、その内の1つでも休眠口座の認定を受けた場合、それぞれの口座に個別に口座維持手数料が発生することになります。

詳細はFXGTホームページの規約のページ内、「16.9 Dormant Fees」の項目をご覧ください。(記載は英語のみです)
https://fxgt.com/jp/terms-and-conditions

デメリットへの対策

規約違反に気をつける

デメリットへの対策としては、「規約違反による出金拒否のケース」に該当しないようにすることがまず第一です。

規約違反として問題になるケースとして一番多いのが、

「複数のアカウントを利用したボーナス制度の悪用」

です。

問題なく出金できているという声もありますので、一概にFXGT側で出金拒否を恣意的に行っているとは言えないでしょう。

極端なハイレバレッジ取引を行わない

海外FXは国内FXと違ってハイレバレッジ取引をすることができるのが特徴です。

とはいえ、やり過ぎは禁物ですし、自分では意図しなくても不正取引の疑いをかけられてしまいます。

取引に限度額を設け、極端なハイレバレッジ取引は行わないようにするのが無難でしょう。

別業者を試す

定番のFX業者としては、

・XM
・TitanFX
・Axiory
・Exness

あたりがお勧めです。

特にExnessであれば、仮想通貨を始めとするスワップフリー取引も可能ですので、FXGTの代替としてはうってつけでしょう。

当ブログではExnessの評判に関する記事も掲載していますので、合わせてご覧ください。

合わせて読みたい

 

上記FX業者はTaritali(タリタリ)によるキャッシュバックに対応しています。

取引ごとに発生するスワップ手数料等をキャッシュバックしてくれますので、まだTaritali(タリタリ)を使ったことのない方はこれを機会にぜひ登録してみてください。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

Taritali(タリタリ)のキャッシュバック率に関しては以下の記事も参考にしてください。

合わせて読みたい

 

Taritali(タリタリ)以外のサイトとしては、FinalCashback、FXRoyalCashbackが挙げられます。

以下の記事では各キャッシュバックサイトの利率の比較表をまとめておりますので、良ければご覧ください。

合わせて読みたい

FXGTの評判まとめ

 

  • FXGTは口座開設キャンペーンやボーナスキャンペーンが充実している
  • 一部銘柄にスワップフリー導入で取引チャンスがさらに拡大
  • 規約に厳しく、出金拒否の事例が他のFX会社に比べて多い
  • MT4が使えない、キャッシュバック口座のキャッシュバック条件があるなど、利用しにくい面もある
  • 入金額は控えめにし、ボーナスの範囲または少額で利用するに留めておく方がいい
  • 仮想通貨などのスワップフリー取引ならExnessもお勧め

 

FXGTは多彩なボーナスプログラムやスワップフリーを提供している点が魅力的です。

しかし規約に厳しく、出金拒否の事例の報告も多いことから、大きな金額を積極的に運用するのは控えた方がいいでしょう。

条件はありますが、もしFXGTの口座開設をするなら取引ごとにキャッシュバックが発生するキャッシュバック口座の開設をお勧めします。

 

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました