Taritali(タリタリ)のキャッシュバック率と条件まとめ!【2021年最新版】

スポンサーリンク
FXのやり方

ご訪問ありがとうございます。

こちらの記事では、こんな疑問にお答えします。

  • Taritali(タリタリ)のキャッシュバック率はどのくらい?
  • キャッシュバックに条件はあるの?
  • 各FX業者のキャッシュバック率や条件の違いが知りたい

 
先に結論から申し上げます。

  • 各FX事業者によってキャッシュバック率、条件が異なります。
  • キャッシュバック率が高いからといって必ずしもそのFX業者が有利という訳ではありません。
  • 一覧表はこちらからどうぞ。
  • ※2021年にTaritali(タリタリ)提携FX事業者が新たに加わったこともあり、2021年7月9日に一部改訂しています。

 

こちらの記事を書いているのは・・・
  • ロバート@やすきちと申します。
  • FXの勉強と実践を10年ほど経験しています。
  • 初心者向けの投資セミナーの開催経験があります。
  • どうぞよろしくお願いいたします。

 

以下、順番にご説明いたします。

Taritali(タリタリ)とは?


海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

Taritali(タリタリ)とは、FXの取引手数料のキャッシュバックを実施している仲介サイトのことです。

主に海外FX業者と提携し、利用者がTaritali(タリタリ)を経由してキャッシュバック口座を開設することで、その口座での取引から発生する手数料の一部が利用者に還元される仕組みになっています。

Taritali(タリタリ)を利用することで取引するたびに所定の金額がキャッシュバックされるため、通常の取引ではスプレッドや手数料でマイナスになっていた損失分を取り戻すことができるようになります。

また、Taritali(タリタリ)で開設したキャッシュバック口座でもEAを使った自動売買をおこなうことは可能です。

Taritali(タリタリ)では口座開設者限定の独自のEAを配布していますので、自動売買に興味のある方は合わせて使ってみることをお勧めします。

https://taritali.com/post-120
 
当サイトではTaritali(タリタリ)に関して次のような記事も投稿しておりますので、合わせてご覧ください。

合わせて読みたい

Taritali(タリタリ)に対応している海外FX業者

Taritali(タリタリ)に対応している海外FX業者は以下の通りです。(2021年7月9日現在)

出金にかかる日数と手数料

Taritali(タリタリ)のキャッシュバックで貯まったお金を出金するためには、銀行口座を登録しておく必要があります。

通常であれば3営業日以内に登録銀行口座に出金されます。

手数料に関しては、国内銀行宛ては無料ですが、海外銀行宛ては送金手数料および着金手数料が別途必要です。

また、最低支払金額の設定があり、国内銀行宛ては1500円から、海外銀行宛ては20000円からとなっています。

現在のところ払い出しは円建てのみであり、外貨での受け取りはできません。

Taritali(タリタリ)のキャッシュバック率と条件について

キャッシュバック率一覧

Taritari(タリタリ)のキャッシュバック率と条件は、各FX事業者により異なります。

FX事業者ごとにキャッシュバック率と発生条件や注意点についてまとめてみましたのでご覧ください。

※文字数の関係でCB=キャッシュバックとしています。

FX業者名 CB率 *1 CB発生条件・注意点 クレジット使用
EXNESS 38%/40% *2 特になし ×
BITTERZ 80% 5分以内の決済は対象外 〇 *3
IS6FX 0.8pips 特になし 〇 *4
VANTAGEFX 0.64pips 特になし
XM / XMTrading 8.5USD 5分以上ポジションを保有すること ×
TitanFX 4.675USD 特になし × *5
HotForex 7.2USD 1分以内の決済及び2pips以下の取引ではCB率が50%になる
AXIORY 4.25USD 特になし
FxPro 8.5~85USD *6 片道ごとにCBが発生する。クローズしなければCBは半分
両建て解除注文はCB対象外
×
MyFXMarkets 5.1USD 特になし
TTCM / TradersTrust 4USD 特になし 〇 *7
Tradeview 8.5USD 取引手数料とCBのレートがおかしいという声がある *8 ×
FXGT 8~10.5USD *9 5分以上ポジションを保有すること 〇 *10
LANDFX 4.5USD 特になし
FBS 8USD ポジション保有から決済までの間が59ポイント(5.9pips)以上
BigBoss *11 5.6USD 5分以上ポジションを保有すること
口座開設後30日以内に入金すること
×
GEMFOREX 0.8pips 5分以上ポジションを保有すること 〇 *12

*1 10万通貨(1ロット)当たりのレートです。
口座の種類はスタンダード口座もしくはそれに準ずる口座での表記とさせていただいています。
FX事業者によってはCB率をpips単位で表記しているところもありますが、0.1pips=1USDに換算しています。
*2 Taritali(タリタリ)キャッシュバック口座 38% / 取引口座へ直接 40%
*3 クレジットボーナス分の取引は対象外
*4 残高とクレジットボーナスを併用した場合、割合に応じてCB率が減額。
*5 TitanFXにはそもそもクレジットボーナスの制度はありません。
*6 通貨ペアによりレートが異なります。
*7 クレジットボーナス分の取引は対象外
*8 https://taritali.com/post-7879
*9 通貨ペアによりレートが異なります。メジャー通貨ペアは8.8USD。
*10 Taritali(タリタリ)経由で口座開設をしてもクレジットボーナスは付与されるが、クレジットボーナスのみを消費した取引はCB対象外。
*11 Taritali(タリタリ)公式HPに記載なし。現在BigBossの口座開設は非推奨
*12 クレジットボーナスのみを消費した取引ではCB対象外。
残高とクレジットボーナスを併用した場合、割合に応じてCB率が変わる。

表から読み取れること

キャッシュバック率がFX事業者によって2倍近く違うところもありますが、これは各FX事業者が提供しているスプレッドの違いによるものです。

キャッシュバック率が高いところはスプレッドが比較的広めになっている点に注意してください。

キャッシュバックの発生に特段の条件がないFX事業者は、EXNESS、IS6FX、VANTAGEFX、TitanFX、AXIORY、MyFXMarkets、TTCM / TradersTrust、LANDFXです。

5分以上のポジションの保有を条件としているのは、BITTERZ、XM / XM Trading、FXGT、BigBoss、GEMFOREXです。

ただし現在、BigBossでの口座開設はTaritali(タリタリ)側からも推奨していませんのでご注意ください。
(詳しくはこちらを参照してください)

2021年より、クレジットとキャッシュバックの2重取りができるFX会社が増えました。
(表の〇がついているFX会社)

HotForexでは、1分以内の決済及び2pips以下の取引ではキャッシュバック率が50%になります。

クレジットボーナスのみを使用した取引でもキャッシュバックが発生するのはLANDFXのみです。

MyFXMarketsでは2021年8月23日よりボーナスのクッション機能が廃止されていますので、運用の際にはご注意ください。

【補足】キャッシュバック率の変更について

Taritali(タリタリ)におけるキャッシュバック率は過去に何度か引き上げられていたようです。

詳しくはお知らせのページを参照してください。
https://taritali.com/post-4276

一度引き上げたキャッシュバック率に関しては引き下げはないとしています。

まとめ

Taritali(タリタリ)のキャッシュバック率と条件についてご説明させていただきました。

必ずしもキャッシュバック率が高いFX事業者がいいという訳ではなく、スプレッドの広さや条件なども考慮して決める必要があります。

FXの海外口座をすでに保有・取引開始しており、Taritali(タリタリ)などのキャッシュバック口座をまだ使ったことがないという方は、ぜひTaritali(タリタリ)をご検討ください。

キャッシュバック口座を使えばスプレッド分の損失をかなり取り返すことができます。

Taritali(タリタリ)口座開設はこちらからどうぞ
海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

ご参考になれば幸いです。
 

合わせて読みたい

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました