Exness(エクスネス)の評判から導き出されるメリットとデメリット

スポンサーリンク
おすすめの証券会社・レビュー

ご訪問ありがとうございます。こちらの記事では、こんな疑問にお答えします。

  • Exness(エクスネス)の評判や口コミの内容が知りたい
  • メリットやデメリットは?
  • どういう場面ならExnessが使えそう?

 
先に結論から申し上げます。

  • Exnessはレバレッジ無制限スワップフリーという非常に強力なメリットがある一方で、約定力に難ありスプレッドが極端に広くなるなどのマイナス評価もあります。

 

メリット
  • レバレッジ無制限
  • スワップフリー
  • 仮想通貨が扱える
  • MT4/MT5が使える(自動売買ができる)
  • ゼロカットシステムを採用
  • 平均スプレッドが狭い
  • 日本語対応
  • サポートが心強い
  • 着金が早い

 

デメリット
  • レバレッジ無制限の条件が厳しい
  • 全ての金融商品にスワップフリーが適用されるわけではない
  • クレジットボーナスがない
  • 約定力に難あり
  • スプレッドが極端に広くなることがある
  • チャートの数値がずれている

 

    Exnessのメリットを最大限に生かすためには、

  • イベント時以外の比較的穏やかな相場で、勝率の高い勝負ができる時だけトレードする
  • レバレッジは無視して、スワップフリーを生かして長期保有を前提に安全にトレードする
  • 安定したスプレッドで提供される通貨ペアでトレードする
  • ことが必要です。

 

こちらの記事を書いているのは・・・
  • ロバート@やすきちと申します。
  • FXの勉強と実践を10年ほど経験しています。
  • 初心者向けの投資セミナーの開催経験があります。
  • どうぞよろしくお願いいたします。

 
以下、順番にご説明いたします。

Exnessとは?





Exness(エクスネス)は2008年に設立された海外FX会社です。

Exnessグループのライセンスとして、セイシェル金融庁、キュラソーおよびシント・マールテン中央銀行、英領バージン諸島金融サービス委員会、モーリシャスの金融サービス委員会、南アフリカ金融業界行為監督機構、キプロス証券取引委員会、イギリスの金融行動監視機構によるライセンス・認可を受けています。

欧州圏や中東地域では非常に有名なFXブローカーですが、日本人投資家の顧客獲得に本格的に乗り出したのは2020年からで、他の海外FX会社に比べると知名度は低くなっています。

Exnessを使うメリットとデメリット

summary

メリット

レバレッジ無制限

Exnessには他のFX会社には見られない非常に大きな特徴が2つあります。

その1つが「レバレッジ無制限」(21億倍のサービスです。

他社ではだいたい1000倍、多くて2000倍のレバレッジに対し、Exnessのみが「レバレッジ無制限」サービスを提供しています。

レバレッジ無制限サービスにより、少ない証拠金で非常に大きなロットでの取引を行うことが可能になります。

レバレッジ無制限では証拠金0円でもトレードでき、利益が出せる点が秀逸的です。

しかもExnessでは後述する「ゼロカットシステム」を採用しているため、「レバレッジ無制限」を利用すればほとんどリスクなくトレードを行うことができるのです。

スワップフリー

Exnessを利用する2つ目の最強のメリット。それがスワップフリーです。

スワップとは金利差による差額調整金のことで、通貨の組み合わせによってはプラスになったりマイナスになったりします。

しかしながら多くの海外FX会社では国内FX会社と異なり、どの通貨の組み合わせでもスワップは多くの場合マイナスになります。

その分国内FX会社よりもスプレッドやレバレッジの面で優遇されているのです。

その点、Exnessではポジションを長期間持っていてもスワップによる損失がないという点で、他の海外FX会社にはない非常に強力な恩恵を享受することができるのです。

仮想通貨が扱える

Exnessは仮想通貨も扱っています。

取り扱い品目は今のところ、「ビットコイン」「ビットコイン・キャッシュ」「ライトコイン」「イーサリアム」「リップル」の5種類のみで、「ビットコイン」は日本円との通貨ペアがありますが、それ以外は米ドルとの組み合わせのみとなります。

詳しくはExnessのホームページでご覧ください。
https://www.exness.com/ja/contractspecifications/#standard

最近では仮想通貨を扱う海外FX会社も増えてきましたが、「レバレッジ無制限」かつ「スワップフリー」で仮想通貨の取り扱いがあるのはExnessだけでしょう。

MT4・MT5が使える(自動売買ができる)

ExnessではMT4やMT5を通じてEAを使った自動売買を行うことができます。

ただしレバレッジ無制限サービスはMT5には適用されませんのでご注意ください。

ゼロカットシステムを採用

Exnessの取引にはゼロカットシステムが採用されています。

これにより、証拠金以上の損失が出たとしても追証を求められず、証拠金のみの損失に限定することができます。

レバレッジ無制限のサービスと組み合わせれば、かなりおいしい取引ができることでしょう。

平均スプレッドが狭い

Exnessでは他のFX会社よりも狭いスプレッドを提供しています。

しかしながらボラティリティが大きい時などは容易にスプレッドが広がりやすくなる傾向があり、メリットとしてはあまり期待できません。

詳しくはデメリットの項目をご覧ください。

日本語対応

ホームページをご覧になればお分かりいただけるように、Exnessはサポートを含めて日本語対応となっています。(一部契約書を除きます)

これにより、口座開設から取引を開始するまで不安なく進めることができます。

サポートが心強い

Exnessには日本語でのサポートがあります。

入金時のトラブルなども迅速に対応してくれます。

着金が早い

海外FX会社の中には、出金までに時間を要したり、何らかの理由で着金拒否があったりすることがあるようです。

Exnessでも過去に入出金に関してトラブルが出たことがありましたが、現在は問題なく出金できます。

デメリット

attension

レバレッジ無制限の条件が厳しい

Exnessでレバレッジ無制限のメリットを享受するためには、以下の条件を満たす必要があります。

  • MT4アカウントで開設する(MT5アカウントは最大2000倍)
  • 口座開設後、10ポジション・5ロットの取引を完了させる
  • 証拠金を999ドル以下に抑える

 
また、上記条件を満たしていても、以下の時間帯ではレバレッジに制限がかかります。

  • 重要な経済ニュースが公開される15分前と5分後の間にかけて、公開されたニュースの影響を受ける金融商品に対して新規ポジションは最大レバレッジ1:200に基づいて計算される
  • 金曜日の18:00 GMT+0から日曜日の23:00 GMT+0まで、新規ポジションでのマージン要件は最大レバレッジ1:200に基づいて計算される

 
さらに、エキゾチック、仮想通貨、エネルギー、株式、インデックス(指数)の金融商品グループに属する金融商品には無制限レバレッジの適用を受けることができません。

金(ゴールド)の取引では、市場の休憩時間30分前にはレバレッジが1000倍に抑えられます。

具体的には以下の時間帯です。

夏季:20:29 ~ 20:59 GMT
冬季:21:29 ~ 21:59 GMT

上記レバレッジ制限について、詳細は以下の記事をご覧ください。
https://get.exness.help/hc/ja/articles/360014504992-%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8%E3%81%A8%E5%BF%85%E8%A6%81%E8%A8%BC%E6%8B%A0%E9%87%91

全ての金融商品にスワップフリーが適用されるわけではない

Exnessのもう1つのメリットである「スワップフリー」は、以下の口座に適用されます。

  • プロ口座
  • ロースプレッド口座
  • ゼロ口座
  • スタンダードセント口座
  • スタンダード口座

 
なお、スワップフリーはすべての金融商品に適用されるわけではありません。

標準でスワップフリーとなる金融商品(スタンダードスワップフリー)は、XAUUSD、インデックス(指数)、仮想通貨、株式です。

下記の銘柄については、取引量に応じてスワップフリーの対象となります。(拡張スワップフリー)

AUDNZD、AUDUSD、EURCHF、EURUSD、GBPJPY、GBPUSD、NZDUSD、USDCAD、USDCHF、USDJPY、USOIL、AUDCHF、AUDJPY、EURAUD、EURCAD、EURGBP、EURJPY、EURNZD、GBPCHF、GBPNZD、NZDJPY、NZDCAD

上記以外の金融商品についてはスワップが適用されます。

拡張スワップフリーの対象となる取引量が具体的にどの程度なのか、ということに関しては残念ながら明確な記述はありません。

取引量を気にせずスワップフリーのトレードを行いたいならば、スタンダードスワップフリーの金融商品でトレードするほかはありません。

スワップに関して、詳細は以下の記事をご覧ください。
https://get.exness.help/hc/ja/articles/4402341895570-%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%8F%A3%E5%BA%A7-%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E8%AB%B8%E5%9B%BD%E4%BB%A5%E5%A4%96%E5%90%91%E3%81%91-

クレジットボーナスがない

Exnessは他のFX会社のように証拠金として使えるクレジットボーナスの提供はおこなっておりません。

ただし不定期的に口座開設キャンペーンとしてクレジットボーナスの付与が過去にあったようですので、将来的にはクレジットボーナスが何らかの形で提供される可能性はあります。

約定力に難あり

Exnessの利用者からは、「ボラティリティが大きくなった時に約定しにくくなることがある」という声が出ています。

約定力が弱いせいで本当なら利確できたはずのポジションが決済されず、時間が経ってから決済されることで損切りになってしまった、というケースだと洒落になりません。

スキャルピングでスリッページによるストレスを残さず、確実に利益を残したいならExnessは使わない方がいいでしょう。

Exnessのサーバーが重すぎて応答しないという報告は頻繁に出ています。

スプレッドが極端に広くなることがある

Exnessのスプレッドは他のFX会社に比べて狭いということをメリットの項目で挙げましたが、金(ゴールド)のトレードに関してはその限りではないようです。

Exnessでゴールドの取引をする際にはスプレッドにも注意する必要があります。

チャートの数値がずれている

チャートの時間足の基準数値やインジケーターの数値が違うとなると、やや使いにくいという印象があるかもしれません。

Exnessの総合評価

レバレッジ 無制限(条件あり)
スワップ フリー(条件あり)
スプレッド 狭い(場合により広がることがある)
クレジットボーナス 現在はなし ×
約定力 いまいち ×
入出金 早い
日本語対応 OK
サポート対応 OK
総合評価 微妙(使える場面を限定する必要あり)

Exnessのメリットを最大限に享受するためには、

  • レバレッジ無制限を生かすこと
  • スワップフリーをフルに活用すること

 
が必要不可欠になります。

しかし、約定力が高くない、スプレッドが極端に広くなることがあるせいで、スキャルピングには使えない場面もあるでしょう。

特に雇用統計などの重大な経済指標発表時にはレバレッジが200倍に制限されますし、約定に不安があるとなると、イベント時での積極的な活用は控えた方が良さそうです。

したがって、

  • イベント時以外の比較的穏やかな相場で、勝率の高い勝負ができる時だけトレードする
  • レバレッジは無視して、スワップフリーを生かして長期保有を前提に安全にトレードする
  • 安定したスプレッドで提供される通貨ペアでトレードする

 
という使い方ならばExnessでのトレードが非常に有利になるでしょう。

まとめ

Exnessのメリットとデメリットをまとめます。

メリット
  • レバレッジ無制限
  • スワップフリー
  • 仮想通貨が扱える
  • MT4/MT5が使える(自動売買ができる)
  • ゼロカットシステムを採用
  • 平均スプレッドが狭い
  • 日本語対応
  • サポートが心強い
  • 着金が早い

 

デメリット
  • レバレッジ無制限の条件が厳しい
  • 全ての金融商品にスワップフリーが適用されるわけではない
  • クレジットボーナスがない
  • 約定力に難あり
  • スプレッドが極端に広くなることがある
  • チャートの数値がずれている

 
そして、Exnessのメリットを最大限に引き出すためには、

  • イベント時以外の比較的穏やかな相場で、勝率の高い勝負ができる時だけトレードする
  • レバレッジは無視して、スワップフリーを生かして長期保有を前提に安全にトレードする
  • 安定したスプレッドで提供される通貨ペアでトレードする

 
という使い方をする必要があります。

また、ExnessはTaritali(タリタリ)のキャッシュバック口座の対象です。

Taritali(タリタリ)に登録することでトレードによるコストを取り戻すことができます。


 

Taritali(タリタリ)のキャッシュバック口座ではなく、直接Exnessの口座を開設したい方はこちらからどうぞ。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました